* Novel List



NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タグ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タグ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  独身奇族の「拙作(小篇)」  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2012.01.29 ~  執筆
ばわん。独身奇族こと、独さんです。今回はショートショートでお楽しみ下さい。『目から鱗』 ここは独さんの職場。窓の外は既に日も落ち、夕闇が辺りを包んでいた。広いフロアには定時を過ぎたというのに、各課に数名、残業している職員の姿がちらほらと見える。 独さんの所属するセクションでも、課長以下全員がまだ帰り支度もせずに、机の上で書類の山を広げていた。 先日スノボで怪我をした後輩の包帯を見て、女子職員のB子...

 『目から鱗』 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  独身奇族の「拙作(二次創作)」  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2011.10.10 ~  執筆
ばわん。独身奇族こと、独さんです。リアル残業とか半端ないので、精神バランスを保つ為にこんなことを妄想してしまいました。『銀河英雄伝説』の、あの有名な二人が……独さんの拙作「採用試験は、たった三十秒なの?」(ジャンプ小説新人賞で一次審査落ち)を書評したらどうなるのか?銀英伝のガチファンの方、お許しください。先に謝っちゃいます。独さんの精神状態を正常に引き止める為と思い、お許しください。なお、この小説は...

 『銀河英雄伝説』 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  独身奇族の「拙作(掌編)」  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2010.10.21 ~  執筆
『ぞうさん』 時に一九四三年、第二次世界大戦激化。 動物園で有名な東京上野。「ねぇ、僕の鼻って長い?」「お母さんの方が長いでしょ」グー 母子の語らいの最中、子供のお腹の虫が鳴る。 「これ食べてもいい?」「駄目よ! それは毒餌だから」「だって……」「殺されないように芸をするの、いい?」「うん」 前足だけで逆立ちを試みる二匹。「おい、今年の稲水ゾウ虫は性質が悪いな」「ああ、農薬も効かねぇ」―― 百姓達が天...

 『ぞうさん』 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  独身奇族の「拙作(掌編)」  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2010.08.12 ~  執筆
『王は孤独だった』        著 独身奇族 朝刊に文字が躍る。 3D最新TVのキャッチコピー。「部長、やりましたね!」「ああ……」 感極まった声だ。 ライバル社との熾烈な闘争。 社内の陰湿な覇権争い。 それも、チーム一丸で切り抜けた。  売り切れ続出! 驚く程の販売台数。 全員の眼が彼に集まる。「部長!」「よし。俺達を見下した奴等に、思い知らせてやれ!」「ハイ!」 翌朝、...

 『王は孤独だった』 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  独身奇族の「拙作(掌編)」  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2010.08.11 ~  執筆
『追い詰められて』                作 独身奇族「ありがとう」と鈴木さんは言った。 断崖から身を翻した彼女の言葉。「この証言に間違いないか?」 老刑事の芝居じみた台詞。 「……あぁ」「遺書は無いぞ」 「知らねぇよ、そんな事」 俺は平静を装ったが、うまく演技出来たか?「そうか?」 観客を意識するように刑事が睨む。「まさか、俺を疑ががっててるんじゃ」『カット! 駄目だよ、そこ噛んじゃ』 黒...

 『追い詰められて』 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop